リーダーがいない?育成していくのが今後の課題!

リーダーがいない?育成していくのが今後の課題!

リーダーの適任者が減る傾向がある

日本では若い世代を中心にしてリーダーとして現場を牽引できるような人材が減ってきていると言われています。適任者がいないために外部からヘッドハンティングをしている企業も多くなってきました。ただ、ヘッドハンティングをしようにも候補者が少なく、莫大な費用もかかってしまう問題があります。この課題は今後も厳しいものになっていくと考えられるため、リーダーがいない問題を内部解決できるように方策を練ることが企業にとって重要です。最も適切で企業が事業を継続する原動力となるのは、研修を通してリーダーを育成していく方法です。社内でリーダーを生み出せる仕組みを整えれば、いつまでも優秀なリーダーが現場を牽引してくれるでしょう。

早期から研修で教育していこう

リーダーを研修によって生み出すためには長期的な視野が必要です。リーダーとしての素養を勉強するだけなら一日の研修でもできるかもしれません。しかし、日常業務の中でそれを全て的確に実践できるわけではありません。少しずつ試行錯誤を重ね、リーダーとは何かをよく考えて現場に合った立ち振る舞いをする能力を育む必要があります。リーダーがすべき立ち振る舞いはメンバーによっても違います。様々な環境を経験し、柔軟に対応できるようになってこそリーダーとしての価値が高まるでしょう。若いうちからリーダーとは何かを考えさせ、時間をかけて研修で教育していくのが優秀なリーダーの輩出につながります。継続的な取り組みをしていくようにしましょう。

社員教育を行う場合、世代による特性の違いを踏まえて指導することが大切です。指導者が自分の世代の価値観で教育を施さないようにするべきです。

Back to Top