スマホが水没!iPhoneの復旧修理の方法について

スマホが水没!iPhoneの復旧修理の方法について

iPhoneを水没させた時にしてはいけないこと

iPhoneの故障トラブルで多いのは、落下による破損や水没によるデータクラッシュなどです。iPhoneはiPhone7以降の機種であれば防水ですので、ある程度の水分に対しては強い防水性能を発揮します。雨にぬれたり、うっかりこぼした飲み物などでぬれても大きな被害が出ることは少ないです。しかし、水没させた場合にはiPhoneがショートを起こす可能性もあります。水没の対処法としては、まずは焦らずに一度冷静になりましょう。水没時には水気を切ろうとiPhoneを振ることはNGです。中に水が入っている場合には、iPhoneを振ることでさらに水分が内部まで入りこむことがあります。iPhone内部で浸水範囲が広がってしまうと修理不可能になる可能性が高いです。

水没したiPhoneの復旧方法

iPhoneを水没させてしまったら、最初に電源が入っている状態なのかをチェックします。画面がついている時には、電源ボタンを長押ししてシャットダウンしましょう。電源が切れている場合にはiPhone内部に水が侵入している可能性が高いため、電源を入れないままにしておきます。水没した水分が真水なら、やわらかいタオルなどでiPhoneを拭きましょう。海水など真水以外の場合には不純物が多いため、真水でサッと洗ってから本体を拭きます。その後、SIMカードを抜き取って電話番号情報などを守りましょう。密封できるジッパー付きのビニール袋に乾燥剤とiPhoneを入れて内部までしっかりと乾燥させます。

この段階で電源が入り復活したとしても、その後不具合が発生することも考えられます。なるべく早く修理店に持ち込んで点検しておくと安心です。

iPhone修理を行う際には、必ずバックアップを取ってから依頼をする事がおすすめです。万が一データが消えてしまっても復元することが可能です。

Back to Top