スマホ修理のその前に!やっておくべき注意点

スマホ修理のその前に!やっておくべき注意点

慌てるのは禁物!落ち着いてやるべきことを整理しよう

スマホが壊れると、慌てて修理に出したくなります。しかし何も準備せずに修理に出してしまうと、後々大変なことになってしまうので注意が必要です。なぜなら、修理に出すと端末が初期化されてしまう可能性があるから。連絡先やメールだけでなくLINEなどのアプリのデータの流出を避けるため、そのような処置をすることが一般的です。

取り返しのつかない事態に陥ってしまわないためにも、スマホを修理に出す前にデータのバックアップなど最低限やっておくことを整理しましょう。

どんなデータをバックアップしておくべき?

バックアップしておいた方が良いデータはいくつかあります。まず連絡先などの端末本体のデータ。これはGoogleサーバーやiCloud、SDカードでバックアップを取ることができます。壊れた端末が多少でも動くのであればこのやり方でバックアップを取ることができますが、動かない場合も想定されますので普段からこまめにバックアップを取るようにしておくと安心です。次にアプリ関連のデータのバックアップです。連絡ツールのLINEやTwitter、Instagramなど、万が一端末を変更することになると機種変更と同じく情報の引継ぎ作業が必要となります。そうした場合を想定して「メールアドレスの登録」や「Facebookアカウントの認証」を設定しておくと安心です。そして最後にGoogleアカウントやAppleIDの確認を忘れずにしてください。

毎日使っているのですから、いつ修理が必要になる事態が起こるかはわかりません。もしもの時に備えて、普段からデータのバックアップやアプリのアカウント、ID、パスワードの管理を徹底しておきましょう。

スマホ修理の京橋店は、対応が迅速なことでも知られています。早ければ、問い合わせしてからすぐに修理に取り掛かってくれる場合もあります。

Back to Top